2017年1月6日金曜日

1月4日(水) 高田馬場

この日は2017年至誠塾稽古初めの高田馬場にお邪魔させて頂きました。
新年の忙しい中、参加する塾生は少ないと思っていましたが、10数名の塾生が集まりました。
これは高田馬場名物?昇段組手が余裕でできる人数ということで、
今月目録に昇段されるIさんの昇段組手を行おうかという話になりましたが、
ビデオカメラがなかったため、残念ながら来週以降ということになりました。
遠方の私は参加することはできませんが、参加される塾生はくれぐれも怪我のないように気をつけてください。
Iさんの健闘を祈っております。

さてこの日の稽古では、昨年からのテーマである探手での方向転換、またそのための身法をご教授頂きました。
澤井先生の『たこ踊り』につながる動きですね。
各自、スムーズな体重移動ができるように繰り返し練習を行いました。

また年末番組の出演者のダンスの動きについても言及され、動きの共通点があり、
それは決して体が○○になっていては成立しないとのこと。
自分もその番組を観ていて、素晴らしいと思っていたので、もう一度見返して参考にします。

最後は最近恒例の探手を全員で行い、休憩をはさんでの蹴り受け→掌打合わせ→推手にて終了となりました。
普段平日の馬場の稽古には参加できないので、馬場の塾生とは手を触れる機会がないのですが、皆さん強くなっていると感じました。
特に昨年の忘年組手で大活躍したシンゴちゃんに関しては、進歩が著しいですね。
この日のアフターでも忘年組手の話題があがり、高木先生、ブラジル支部長も絶賛されていました。
2月1日至誠塾内全国一斉発売の忘年組手DVDが楽しみです。

自分はあまり進歩していないので、皆さんに置いていかれないように見習って精進したいと思います。

高木先生、ご指導ありがとうございました。今年も1年よろしくお願い致します。
また稽古に参加された塾生の皆さん、お疲れ様でした。また機会がある際には一緒に稽古させて下さい。

2016年12月20日火曜日

12月17日(土) 柴又 

この日の稽古では探手での方向転換をご指導頂きました。
いくつかの間違いやすいやり方を例として挙げられ、
そうではないスムーズな体重移動による方向転換のやり方を教えて頂きました。
高木先生のいつも見ていたあの動きが。。。
実はあの超有名スポーツ選手の動きを参考にされたとのこと。
言われてみると確かに似ています。
先週の大阪支部合宿での質問から引き出されたとのことでした。
大阪支部の皆様、良い質問ありがとうございました。

また構えについてもご指導があり、これまた初めて聞く内容で、大変勉強になりました。

最後は最近恒例の探手を全員で行いました。

















稽古内容をふまえて探手を行いましたが、
どうしても高木先生のようにスムーズには行かず、動きが途切れてカクカクしてしまいます。
先生にもご指摘を受けましたが回数ですね。精進します。。。

参加された皆様お疲れ様でした。
忘年組手に参加される塾生はくれぐれも体調管理を気を付けてください。

またこの日は今月、五段練士に昇段された藤原支部長(仙台支部)
稽古に参加されており、稽古中に免状の授与式が行われました。





藤原さんは至誠塾内トップクラスの技術力があり、私が尊敬する古参の兄弟子のお一人です。
昔から今に至るまで、アフター等でご指導頂いており、大変お世話になっています。
















藤原練士、昇段おめでとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。




















------
キリトリセン ------

ドラゴンジャージ入荷されました。(着用モデル:K練士)




2016年11月19日土曜日

11月12日(土) 柴又 S先輩代稽古

この日の稽古はいつものようにぶつかり稽古中心の内容でした。
S先輩はいつも以上に気合が入っていましたね。
お疲れ様でした。
※アフターの推手ではKさんの本気を見せてもらいました。
   強かったです。

2016年7月14日木曜日

7月9日(土) 柴又

この日は高木先生が大阪指導のため、太気拳珍道中日誌ライターでおなじみの
ボンさんの代稽古でした。
今度から新たに3人の塾生が代稽古に加わりますが、その一人目がボンさんになります。

ボンさんと私は同じ2001年入塾で、入った時期は2ヶ月くらい私のほうが早いのですが、
年上であるということもあるのですが、実力的にも上をいっていましたので、
私の中ではボンさんは兄弟子という意識があります。
昔はよく稽古中の推手の時やアフター等で教わったりしていました。

稽古ですが、前半は立禅から始まり、揺→這→腕回し練→旋法試力→歩法と進みました。
(詳細はすでに本部ブログにてご本人が掲載していますので、こちらをご覧下さい)





























腕回しによる肩胛骨の動きとその結果による手の角度や
旋法試力の左右の腕の軌跡の違い等、自分が普段意識していなかったことだったので
大変勉強になりました。
(しかし、あとで聞いたら、高木先生が以前言われていたことだったらしいので、忘れていたようです。
ちょっと反省しました。。。)













最後はいつも通り、掌打合わせ、推手で終了しました。
























代稽古は担当する先輩方の視点が異なるため、色々と気づかせてもらえることがあるので
良い稽古ができます。
ボンさんご指導ありがとうございました。

2015年5月10日日曜日

5月9日(土) 柴又 S先輩代稽古

”言い渡しの減量”から3ヶ月経ちましたが、おかげさまで10kg減らすことができました。
しかし目標体重まであと2kg。。。。。
なかなか落ちにくくなってきましたが、ちょうど”焼き入れ”の年だったので
前向きに捉えて頑張っております。

さてこの日は高木先生が大阪支部の指導日のため、
S先輩による代稽古でした。

至誠塾で”先輩”と言ったらSさんになります。
詳しくはタイキダスを参照して下さい。

稽古はいつもより数分早めに開始。
前半はぶつかり稽古を行いました。
この日のスペトレでもこの稽古の名称がわからないと話題になりましたが、
澤井先生著 実戦中国拳法太気拳では『稽古方法 基本練習5』になります。
Kさんを相手にぶつかった瞬間の変化を示すS先輩↓
後半は歩法、推手を行い、最後は10分間の這にて稽古終了となりました。
減量中の自分としては良い稽古でした。
古参の塾生方による代稽古はいつもとは違う視点で見ることができて
大変勉強になります。
S先輩、ご指導ありがとうございました。
また参加された塾生の皆さん、お疲れ様でした。

最後はアフターの風景を↓
少年部で指導しているTさんが少年部指導後一旦帰宅して用事を済ませてから、アフターのみ参加。
先日昇段組手を行ったTさんに熱心に指導していました。